視覚スクリーニング検査│あいみこどもクリニック:額田郡幸田町の小児科視覚スクリーニング検査│あいみこどもクリニック:額田郡幸田町の小児科

診療案内

視覚スクリーニング検査(自費診療)

視覚スクリーニング検査

人間の視力は、生後1か月~6歳頃にかけて、毎日目を使って様々なものを見ることで発達していきます。

このような時期に、何らかの原因により適切に視力が発達しないと、失明の主要な原因のひとつでもある「弱視(片眼または両眼の視力低下)」になる場合があり、子どもの将来に大きな影響を与える可能性があります。

しかし、乳幼児健診などでの子どもの弱視発見は困難であるため、最適な治療開始時期(5歳まで)を逃してしまうケースも少なくありません。

視覚スクリーニング装置

当院で採用している視覚スクリーニング装置は、短時間で簡単に高い精度でお子さんの視覚のスクリーニング検査ができます。対象年齢は生後6か月以降です。

お子さんの視力について気になる方、検査をご希望の方、ご不明な点がある方は、受付窓口またはお電話にてお気軽にご相談ください。

お子さんにこんな様子はありませんか?

  • テレビを見ている位置が近い
  • ものを見るとき、目を細めたり、首をかしげたりする
  • ものや人の見間違いが多い
  • ものや人を集中して見るのが苦手
  • 明るい戸外でまぶしそうに片目をつぶる など

測定可能な内容

  • 近視
  • 遠視
  • 乱視
  • 不同視
  • 斜視
  • 瞳孔不同

お電話でのお問い合わせ・ご予約は
0564-63-3300

★ PC、スマホからのウェブ予約はこちらから

web順番予約はこちらから

PAGE TOP